高血圧と不眠

多くの方が眠れないことで悩んでいます。

高血圧の方は、眠れないこと(不眠)に悩んでいる方が多いことがわかっています。(下図参照)
高血圧の方になぜ眠れない方が多いのか、原因はわかっていませんが、睡眠時無呼吸症候群を伴いやすいことや、治療に使われる薬の副作用、血圧を高めているストレスの影響などが考えられています。

※睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に無呼吸が繰り返される病気。太っている方で、睡眠中におおいびきをかき、その合間に息が止まるといった症状があれば、「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があります。

高血圧症患者における不眠の保有率【海外データ】

睡眠は、夜あるいは翌日の血圧に大きな影響を及ぼします。夜、眠っている間、交感神経は活動を休め、血圧は低くなるように調節されています。ところが、不眠になると、交感神経が高ぶったままになってしまうため、夜の血圧が下がらないだけでなく、朝や翌日の血圧まで高くなってしまうのです。
また、「眠れない」というストレスが血圧に悪影響を与えることもあります。もしかしたら、不眠が高血圧治療の妨げになっているかもしれません。

血圧と睡眠の深い関係

高齢者の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ