【眠りの図書館】睡眠薬について

睡眠薬のウソ?ホント?

寝つけない時は睡眠薬よりも寝酒の方が安全

ホントウソ

寝つけない時は睡眠薬よりも寝酒の方が安全

答え:ウソ

寝酒をされている方は多いと思いますが、アルコールによる睡眠は、睡眠の質が悪く、途中で目が覚めることがよくあります。また、アルコールに頼って寝ようとすると、次第にアルコールが効かなくなり、量を増やさないと眠れなくなると言われています。したがって、アルコール依存症に陥ってしまう危険性もあるため、不眠が続く場合にはアルコールに頼らず医師に相談し、診断の結果、睡眠薬が必要であれば服用することをおすすめします。
睡眠薬を使いたいが、晩酌も楽しみたいという方もいらっしゃると思いますが、併用は危険なので避けてください。

睡眠薬には依存性がある

ホントウソ

睡眠薬には依存性がある

答え:半分ホント

かつて、古いタイプのバルビツール酸系といわれる睡眠薬が使われていた頃は、その依存性が問題となっていましたが、現在用いられている多くの睡眠薬には強い依存性はほとんどなく、比較的短期間の服用であればやめられなくなることはまずありません。
現在、睡眠薬を服用して不眠が改善している方は、ご自分の判断で急に中止すると不眠が悪化することがあるため、まずは主治医に相談するようにしましょう。

睡眠薬はだんだん効かなくなる

ホントウソ

睡眠薬はだんだん効かなくなる

答え:ウソ

現在多く用いられている睡眠薬の中には効果が減弱しやすいものと減弱しにくいものがあります。
また、減弱するタイミングも服用開始後の早い段階と、長期間服用した段階があります。
主治医はあなたの不眠の状態を考慮して、最適な睡眠薬を処方していますので、効果が減ったからといって、ご自分の判断で睡眠薬の量を変更することはしないでください。睡眠薬の効果が身体に合わないと感じたら、必ず主治医に相談し、現状の生活習慣や睡眠環境に問題がないかも含め主治医に検討してもらいましょう。

睡眠薬を大量に飲むと死ぬ

ホントウソ

睡眠薬を大量に飲むと死ぬ

答え:ウソ

かつてのバルビツール酸系やブロムワレリル尿素の睡眠薬は、大量に服用した場合に、呼吸中枢の働きを抑える作用があり、死亡することがありました。
しかし、現在使用されているベンゾジアゼピン系や、最新の非ベンゾジアゼピン系といわれる睡眠薬は、呼吸中枢抑制作用がほとんどないので、睡眠薬を大量に服用しても、それが原因で死亡することはありません。

睡眠薬を飲むと認知症になる

ホントウソ

睡眠薬を飲み続けると認知症になる

答え:ウソ

睡眠薬を長期間服用すると認知機能の低下が生じるかについては、疫学調査がいくつか行われましたが、現在のところ、結論が出ていません。
睡眠薬を服用してから寝つくまでの間や夜中に目覚めた時に、電話やメール、食事、歩行などをしても、翌朝起きてからそれらの行動を記憶していないということはごくまれにあります。これは、睡眠薬によって一時的に記憶障害が生じたり、不完全に目覚めたためもうろう状態になっていたりしたことが原因と考えられています。
思い当たることがあり心配な場合には、主治医に相談することをおすすめします。

睡眠薬よりも安定剤の方が安全

ホントウソ

睡眠薬よりも安定剤の方が安全

答え:ウソ

睡眠薬や安定剤などのベンゾジアゼピン系薬剤は、それぞれ、催眠作用や抗不安作用のほかに筋弛緩・抗けいれん作用を持っています。主となる作用の強さが異なっており、催眠作用が主のものを睡眠薬、抗不安作用が主のものを安定剤として使用します。どちらもかつてのバルビツール酸系睡眠薬と比べると、安全性は高く、耐性や依存性は少なくなっています。 不安や葛藤が原因で寝つきの悪さを覚える場合は、睡眠薬よりも、安定剤を用いる方が効果のあることがあります。
しかし、不安や葛藤の少ない不眠症では、催眠作用を主とする睡眠薬を用いる方が効果的です。また睡眠薬の方が、不眠のタイプに応じて薬を選択することができます。 とくに最近の睡眠薬ではふらつきの少ない薬剤がありますが、安定剤ではそのような作用の分離がされている薬剤はありません。

睡眠薬は飲むと必ずふらつきが起こる

ホントウソ

睡眠薬を飲むとふらつきやすくなる

答え:ウソ

ベンゾジアゼピン系睡眠薬にはいくつか種類があり、催眠作用のほか、抗不安作用、抗けいれん作用や筋弛緩作用を併せ持っているものがあります。
筋弛緩作用が強く出てしまうと、歩く際のふらつきや、あるいはかからだに力が入らないということが起こります。
筋弛緩作用の少ない睡眠薬を用いると、そのようなふらつきはほとんどみられません。

睡眠薬を長期間飲み続けるのはよくない

ホントウソ

睡眠薬を長期間飲み続けるのはよくない

答え:ウソ

睡眠薬は無期限に長く服用する薬ではありませんが、不眠症が十分に治らないうちに睡眠薬をやめてしまうと、不眠が再発したり、悪化したりすることがあるので注意が必要です。
さまざまな理由により睡眠薬を長期間にわたり服用する場合もありますが、不安を感じる場合には主治医に相談しながら治療方針を決めましょう。
また不眠が改善し、日中の心身の調子もよくなったときには、主治医の判断・服薬指導のもと、不眠の悪化といった離脱症状に注意しながら、時間をかけてゆっくりと中止します。

朝早く目覚めてしまう不眠には、睡眠薬を2錠飲むとよい

ホントウソ

朝早く目覚めてしまう不眠には、睡眠薬を2錠飲むとよい

答え:ウソ

医師は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害といった不眠のタイプを考慮しながら薬剤選択をしています。医師への相談もなく勝手に薬の飲み方を変えることはもちろんよくないことです。睡眠薬を2錠飲むと効果がより持続するとは限りませんし、場合によっては、作用が翌日まで持ち越して、翌朝眠くてしかたがない、といったことになったり、夜中に起きたときのふらつきなど、薬の副作用だけが強調されてしまうこともあります。
また、朝早く目覚めてしまう原因は他にあるかもしれません。例えば、音や光といった寝室の環境の問題であったり、血圧やうつ病など疾患のせいかもしれません。 症状を医師にきちんと話し、相談することが大事です。

アルコールと一緒に睡眠薬を飲んでもかまわない

ホントウソ

アルコールと一緒に睡眠薬を飲んでもかまわない

答え:ウソ

アルコールと睡眠薬を併用すると薬の作用や副作用が増強されるため、併用は絶対に避けます。具体的な症状としては、ふらつきがひどく現れたり、作用時間の延長で朝起きられなくなったり、睡眠薬を飲んでから、寝るまでの間にとった行動を覚えていない「前向性健忘」と呼ばれる記憶障害が起きやすい、などがあります。

睡眠薬について

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ