【眠りの図書館】高齢者の睡眠障害

睡眠の不規則化 ―夜中の異常行動にもつながります

高齢者では、「睡眠」と「覚醒」のリズムのメリハリが小さくなっていますので、夜ぐっすり眠れず不眠がちになったり、昼寝が多くなったりします。外出の機会が減って日中に浴びる太陽の光の量が減ったり、人との接触など外からの刺激も減り、生体リズムが正常にはたらかなくなることが睡眠の不規則化につながります。
また、脳に障害がある場合など、体内時計そのものの機能が低下している場合も睡眠の不規則化が起こります。睡眠の不規則化がひどくなると、夜中にごそごそと異常行動をとってしまったり、目覚めた状態を維持できずに寝ぼけたようになる「せん妄」という病気が引き起こされたりすることがあります。

しかし、これは認知症ではありません。日中に体を動かしたり、人と会って話したり活動的な生活をすると、心身ともに心地よい疲れが得られて、深い睡眠が得られるようになります。睡眠と覚醒のメリハリがついて、これらの症状も解消します。
ただし、日中の活動もがんばり過ぎないこと。疲れ切ってしまうことのないようにほどほどに。又、夕食後7~8時のあまり早い時間に眠ってしまうと、ぐっすり寝つき3~4時に目覚めてしまいます。早起きは三文の得ですが、暗い時間に目覚めるのが嫌な場合は起きたい時刻から7時間程度逆算して床については如何でしょうか。

高齢者の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ