【眠りの図書館】高齢者の睡眠障害

むずむず脚症候群 ―治療すれば睡眠に困らない程度に治すことができます

高齢者の代表的な睡眠障害に「むずむず脚症候群」があります。むずむず脚症候群は、治療を行えば睡眠に困らない程度に治る病気ですから、治療をした方が勝ちです。下記に、病気の特徴をまとめましたので、「もしやこれが不眠の原因かも・・」と思われる方は、早めに専門医に診てもらって治療を受けましょう。

【むずむず脚症候群の特徴】
●症状
  • ・下肢を中心(深部に多い)とした感覚の異常・・・かゆい、痛い、むずむずする、だるい、など。
  • ・寝ている姿勢または座っている姿勢で起こる。
  • ・ふとんに入って眠る前、もしくは寝入りばなに起こりやすい。
  • ・じっとしていられず、常に動かしたいという強い欲求を感じる。
  • ・動かすことで症状が楽になる。
●部位
  • ・太ももやふくらはぎが多い。
  • ・腹部、腕、顔に起こるケースもある。
●持続時間
  • ・個人差があり、30分の人もいれば3~4時間持続する人もいる。

むずむず脚症候群 ―治療すればほぼ完全に治ります

高齢者の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ