【眠りの図書館】高齢者の睡眠障害

体内時計の睡眠リズムが前にずれる傾向がみられます

年をとるにつれ、夜早い時刻に眠くなり、まだ暗いうちから目が覚めてしまうようになります。これは、体内時計のリズムの中で「睡眠」の相が前にずれてしまっていることによるものです。仕事の第一線から退いて時間に余裕ができたり、昼間の活動量が減ってしまうことも、睡眠を乱すような生体リズムの異常に関係していると思われます。

体内時計の睡眠リズムが前にずれる傾向がみられます

Column

眠りに関することわざ

むかしから、眠りに関することわざは大変多くあります。ここでは、その一部を紹介します。

●寝る子は育つ
よく眠る子供はすくすくと育つという意味。
実際、深く眠るほど成長ホルモンが多く分泌されることがわかっています。
●寝耳に水
まったく予想外の出来事が起きて驚いたという意味。ぐっすり眠っているときに、不意に耳に水が入ってきて驚く様子を指しています。
●世間知らずの高枕
世間を知らない人は、ストレスもないので、安心して眠ることができるということから、「何も知らない人はのんきでいいね」という皮肉を込めた言葉。
●寝た子を起こす
言わずもがなのことを言って、おさまっていた問題がぶり返してしまうこと。幼児はしばしば眠くなるとぐずるため、親は「やっと寝た」と一息つくもの。そんなとき、また子供が起きたのでは大変、という気持ちが表れています。
出典「内山 真監修 不眠の悩み解決BOOK 成美堂出版」

高齢者の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ