【眠りの図書館】高齢者の睡眠障害

加齢とともに昼夜のメリハリがはっきりしなくなってきます

一般に、年をとるにつれて、睡眠が浅くなり、分断されやすくなる傾向があります。そして、昼間にウトウトと居眠りをしてしまうことも多くなり、昼夜のメリハリがはっきりしなくなってきます。これは、加齢によって身体のさまざまな生理機能が低下してしまうことと、生活状況変化(特定の仕事についていなくて、比較的時間的余裕があることなど)によるものですから、個人差はありますが、高齢になると皆さんがこうした睡眠状況になります。
そこに、心配事があったり、寝室環境が快適でなかったり、また病気を抱えているなど、精神的、身体的な要因が加わることで「不眠」にいっそうの拍車がかかり、毎晩のように「よく眠れない」と悩むことになってしまいます。

加齢とともに昼夜のメリハリがはっきりしなくなってきます

高齢者の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ