【眠りの図書館】女性の睡眠障害

眠るための工夫を

一般に体温が低くなると眠気が出るといわれています。床に入る1~2時間前にぬるめのお風呂にゆっくりつかり、一度体温を上げてから体温が下がるタイミングが床につくタイミングです。

又、眠れないときは部屋の温度は一年を通じて通常よりも低めに設定し、寝具などを工夫して睡眠に入りやすい環境を整えましょう。特に更年期のほてりやのぼせなどは寝付きを悪くする大きな原因。寝苦しいときは、氷枕などで頭を冷やすと深部体温が下がって眠りにつきやすくなります。

眠るための工夫を

女性の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ