【眠りの図書館】女性の睡眠障害

更年期によくみられる睡眠障害

女性の性周期は卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という二つの女性ホルモンによってコントロールされています。これらのホルモンは眠気の抑制や促進など睡眠中枢にも大きな影響を及ぼします。 40歳代後半から50歳代前半には月経が止まる方が多く、閉経後は女性ホルモンの一種である卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なくなります。この閉経をはさんだ10年前後が更年期といわれる時期です。

更年期に入ると、のぼせ、ほてり、めまい、肩こり、不眠など、いわゆる更年期障害と呼ばれるさまざまな心身の不定愁訴があらわれてきます。ある調査によると、更年期障害の患者さんは「ほてり・のぼせ」や「発汗」などの症状と同様、「入眠障害」や「中途覚醒」といった睡眠に関する症状も高頻度に出現することがわかっています。この睡眠障害とのぼせ・ほてりなどの身体症状は互いに作用し合うことが多く、身体症状が強いと睡眠障害も強くあらわれる傾向があり、逆に睡眠障害が改善すると身体症状もそれに伴って和らいでくることが多いようです。

更年期は一時的なもので永遠に続くわけではありません。症状が辛いときはあまり我慢せずに専門医を受診し、ホルモン補充療法などの治療を受けるようにしましょう。不眠などが解消され十分な睡眠がとれるようになると、更年期症状そのものが改善されていくことも多いようです。

更年期によくみられる睡眠障害

女性ホルモンおよび卵巣重量の年代的変化

更年期障害患者と一般婦人科患者における症状の頻度(%)

女性の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ