【眠りの図書館】女性の睡眠障害

月経前に睡眠の質が悪くなるのは、女性ホルモンの影響

女性の性周期は卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という二つの女性ホルモンによってコントロールされています。これらのホルモンは眠気の抑制や促進など睡眠中枢にも大きな影響を及ぼしますが、なかでも排卵~月経直前にかけて盛んに分泌される黄体ホルモンは睡眠の質を悪化させることがわかっています。つまり、月経直前は睡眠時間は変わらなくても、深い睡眠の割合が減ってウトウトした浅い睡眠状態になっているのです。月経前になると日中の眠気や不眠、頭痛やイライラなど心身の不調を訴える女性が少なくありませんが、これは女性ホルモンの変化と睡眠の関係が大きな原因といえるでしょう。

ただし、これらの睡眠に関する症状は一時的なもので、普通は月経開始と同時か月経開始2、3日後には落ち着いてきます。病気ではありませんから、精神的なリラックスを心がけてうまく乗り切るようにしましょう。

月経前に睡眠の質が悪くなるのは、女性ホルモンの影響

女性の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ