【眠りの図書館】女性の睡眠障害

女性の睡眠障害は、女性ホルモンと深い関係があります

女性ホルモンは思春期に分泌が急激に高まり、20~30歳代でピークを迎えた後、40歳を過ぎた頃から卵巣の退化とともに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。また、月経周期や妊娠・出産などの女性のライフイベントにおいても、女性ホルモンの分泌量はめまぐるしく変化します。

一般に、ホルモンの働きに左右されやすい睡眠メカニズム。このように女性ホルモンの分泌が周期的に変わり、年齢によっても変化する女性の場合は、男性に比べて不眠などの睡眠障害が起こりやすいのが特徴です。月経や妊娠・出産、更年期に伴う睡眠障害は、まさに女性特有の症状といえるでしょう。

女性の睡眠障害は、女性ホルモンと深い関係があります

女性の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ