【眠りの図書館】青少年の睡眠障害

まずは生活習慣を見直そう

人間の体は、日中に活動し、夜は睡眠を取るように作られていますので、快適な日常生活を送るためには、その生体リズムに合った生活が基本となります。コンビニエンスストアに夜遅く出入りする青少年を目にしますが、店内の照明は約3,000ルクスとも言われ、その光を浴びて体内時計が狂ってしまうこともめずらしくはなく、そこから睡眠障害に陥る可能性もあります。成長期にある青少年にとって、正しい睡眠は心身の成長に欠かせないものであり、また十分な睡眠があるからこそ、日中の活動も思い切りできるのです。
中学生・高校生ともなると子供も自分の世界を持ちたがるようになり、親の介入する場面が減少してきますが、せめて中学前半までは親が子供の生活習慣に関心を示し、十分な睡眠と活発な活動が保てる生活習慣を身に付けられるよう助言をしていきたいものです。

まずは生活習慣を見直そう

青少年の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ