【眠りの図書館】青少年の睡眠障害

3歳児の半数以上は夜10時以降まで起きている

最近は、24時間営業のコンビニエンスストアに加え、デパートやスーパーの営業時間も長くなるなど、社会の活動時間はますます延長しています。それに加え母親の社会進出も進み、家庭生活の時間も後ろ倒しになっているようです。

ある調査によると、3歳児の50%以上は10時以降まで起きていること、そして驚くべきことに、深夜12時まで起きている子供も数%いるという結果が出ています。
これは、「早く寝かせて明日に備えなければならない」という親の意識が低いことの現われとも言えます。夜遅くまでだらだらと過ごす生活習慣は、子供達の慢性的睡眠不足を促し、身体的にも精神的にも健全な発達に悪影響を及ぼします。たとえ就園前の子供であっても、早寝早起きの習慣を守るよう、しっかりしつけることが大切です。

夜8時、9時になったら子供は寝る習慣は海外先進国では今も残っています。夜遅い時間は大人の時間として今一度見直すことも必要ではないでしょうか。

3歳児の半数以上は夜10時以降まで起きている

青少年の睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ