【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

時間療法ってなに?

「睡眠相後退症候群」の治療を目的として考案されたものです。毎日数時間ずつ就床時刻を遅らせていき、入眠時刻が患者さんの希望する時刻まで後退したところで、睡眠時間帯を固定する方法です。自宅でこの治療法を行うのは困難で、入院による治療が必要となります。また、いったんは正常なリズムへのリセットに成功しても、退院後1ヶ月ほどで睡眠時間帯の後退が再び始まってしまう例が多いことなどが問題点とされています。

時間療法ってなに?

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ