【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

高照度光療法ってなに?

これまでの研究で、睡眠をはじめとするヒトの生体リズムの調整には光が重要な役割を果たしていることが明らかにされています。朝の光を浴びることにより生体リズムの位相は前進し(例えば夜間の眠気が早くやって来る等、リズムが前倒しに移行する)、夕方から夜間にかけての光により位相は後退します(例えば夜間の眠気がなかなか起こらない等、リズムが後ろ倒しに移行する)。

高照度光療法はこうした光による生体リズムへの作用を利用し、狂ってしまった生体リズムを正常化させる治療法です。主に、概日リズム睡眠障害の治療に用いられ、具体的には2,500ルクス以上の高照度光(または人工光、太陽の光なら曇りの日の窓際で十分)を朝方に2時間ほど浴びるのが一般的です。

高照度光療法ってなに?

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ