【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

必要に応じて睡眠薬を活用しよう

睡眠薬には「依存性がある」、「死に至る怖い薬」、「認知症になる」といったイメージを持っている人も少なくありません。たしかに、かつて使用されていたバルビツール酸系の睡眠薬ではそうした問題点がありました。しかし、現在多用されているベンゾジアゼピン系あるいは非ベンゾジアゼピン系薬剤は、バルビツール酸系の睡眠薬とは作用機序が全く異なりますので、前に述べたような不安を抱く必要はありません。むしろ適切に使用することで、大変効果的な治療手段となります。

睡眠薬の正しい飲み方

ベンゾジアゼピン系または非ベンゾジアゼピン系薬剤にはさまざまな種類がありますが、効果の持続時間によって超短時間型・短時間型・中間型・長時間型の4種類に分類されます。これらは不眠のタイプにより使い分けられ、例えば寝つきの悪いタイプには超短時間型、中途覚醒タイプには中間型・長期型、早朝覚醒タイプには長時間型、などが処方されます。

睡眠薬の量についても不眠のタイプ、年齢などにより個別に処方され、患者さんの経過を見ながら調節・変更をしていくので、医師の指示通りに服用することが大切です。眠れる自信がついても止めるのもゆっくりと勝手に止めないで、服用状況や不眠の症状を正直に話し、睡眠薬に対する不安や疑問があれば、遠慮せず納得するまで相談するようにしてください。

~こんなことに気をつけましょう~
  • ●寝る直前に服用する
  • ●医師の指示した以外の薬剤と一緒に服用しない
  • ●アルコールと一緒に服用しない
  • ●勝手に止めない

副作用

現在使用されている非ベンゾジアゼピン系薬剤は安全な薬ですが、不眠が軽減されたといっても、人によっては以下のような副作用があらわれることがあります。

  • ●日中の眠気や疲労感
  • ●筋肉の弛緩(特に高齢者で転倒などの危険⇒筋弛緩作用の少ないものを処方)
  • ●短時間の記憶障害(大量服用、アルコールとの併用で多くみられる)
  • ●急に止めるとかえって眠れない

副作用

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ