【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

眠ろう眠ろうと努力しないこと!

眠ることを必要以上に意識して、眠るための過剰な努力をすることは交感神経の亢進を招き、寝つきを悪くし、睡眠の質を低下させる原因となります。

睡眠時間には個人差があるので、8時間以上は眠らなければ、と焦ったりする必要は全くありません。「眠れるだけ眠れば十分」という考えを持ち、就寝前には音楽を聞いたり、読書をしたりして心身をリラックスさせてみましょう。どうしても眠れない時には、いったん床を出て、自分なりのリラックス法を実践し、眠気を覚えてから再度床に就くのがいいでしょう。途中で起きてしまった時に時計を見ないようにするのも、睡眠の程度を意識しない1つの方法です。

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ