【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

昼寝のすすめ

昼食後に眠くなってしまう経験をお持ちの方も多いと思います。これは、私達の体が「午後に眠くなる」という生体リズムを持っているからです。 最近の研究から、昼食後から15時頃までの間の15~20分程度の昼寝は、眠気を解消し、その後の時間をすっきりと過ごすのに役立つことがわかってきました。

ただし、30分以上の仮眠(昼寝)は、深い眠りに入ってしまい、かえって目覚めがすっきりせず、ぼんやりとしてしまいますので好ましくありません。しかも寝つきが悪くなるなど夜の睡眠にも影響してしまいます。くれぐれも、15時迄に30分以内の昼寝を!

昼寝の仕方:・横にならない・机での居眠りで充分・15時迄の30分以内

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ