【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

精神生理性不眠症 眠ろう眠ろうと努力していませんか?

精神生理性不眠症とは、いわゆる不眠症を指します。
心配事があったり騒音が気になったりして不眠に陥ることは、特に珍しいことではありません。しかしこれがきっかけとなり、不眠の原因が取り除かれた後も不眠が改善されず、慢性化してしまうのがこの病気です。

不眠に加えて、日中は頭痛や倦怠感など、さまざまな症状を訴えますが、睡眠さえとればすべて解消すると思いこみ、“何とか眠らなくては”と焦り、ますます不眠が悪化する悪循環に陥りがちです。

〜精神生理性不眠症はこんなふうにして起こります〜
精神的ストレス、環境要因による一過性の不眠
神経質な性格
重大で危険な現象と思い込む
過度の不安・恐怖
不眠を避けようと過度に努める
不眠の持続

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ