【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

睡眠障害を引き起こす要因 あなたはどのタイプ?

不眠症といってもいろいろ

●入眠障害 布団に入ってもなかなか寝つけないタイプ。不眠の中ではもっとも訴えの多い症状。
●中途覚醒 夜中に何度も目が覚めてしまい再び寝つくのが難しいタイプ。
●熟眠障害 睡眠時間の割には、朝起きたときにぐっすり眠った感じがしないタイプ。
●早朝覚醒 朝早く目覚めてしまい、まだ眠りたいのに眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多いのが特徴。

睡眠障害はさまざまな原因によって生じます。原因によって睡眠障害の治療方法も異なりますので、原因を正確に把握しておくことが大切です。睡眠障害の原因は、およそ次のようにまとめられます。

<睡眠障害の病因と睡眠障害の種類>
  1. 身体的要因(腫瘍、心疾患、消化器疾患などの身体的疾患により痛み、発熱が原因。)
    →その一つに睡眠時無呼吸症候群など
  2. 生理学的要因(時差ぼけ、交代制勤務、入院などによる)
    →概日リズム睡眠障害、時差症候群など
  3. 心理学的要因(精神的ショック・ストレス・生活上の不安など)
    →普通は一過性だが、慢性化する場合も精神生理性不眠症
  4. 精神医学的要因(統合失調症、うつ病、アルコール依存症などの精神疾患)
    →うつ病に伴う睡眠障害
  5. 薬理学的要因 (降圧剤など種々の薬だけでなく、アルコール、カフェイン、ニコチン、などの嗜好品も原因?!)
    →アルコール依存睡眠障害

現代社会では、時差ぼけ、交代制勤務などの生理学的要因、ストレスや生活上の不安などの心理学的要因による睡眠障害が急増しています。また、ビジネスマンの睡眠障害では嗜好品(アルコール、カフェイン、ニコチン)などの薬理学的要因も多く見られます。中高年男性では、SAS(睡眠時無呼吸症候群)も要注意です。

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ