【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

睡眠障害を放置しておくと

ストレスや悩み事が解消されず、なかなか眠りにつけなかったり十分な睡眠がとれない状態が続くと、眠りに対するこだわりがだんだん強くなります。ストレスや悩み事が解消されても、今度は眠れなかったらどうしようという不安がストレスとなって眠れなくなり、一過性であったはずの不眠が慢性化してしまうケースも少なくありません。

こうした慢性の不眠が続くと、うつ病などが引き起こされることもあります。したがって、「最近、よく眠れないな」と感じたら、慢性化して重大な合併症を引き起こさないためにも、なるべく早く医療機関を受診して、適切なアドバイスを受けることが大切です。
睡眠障害は早期発見、早期治療が早期回復の近道です。

睡眠障害を放置しておくと

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ