【眠りの図書館】快眠のための工夫いろいろ

眠れる環境作りの極意 ~寝具の基本~

きちんと睡眠をとるためには、快適な寝具を選ぶことも大切なポイント。
一般に、柔らかく軽い掛け布団、適度な堅さの敷布団、ほどよい高さの枕がよい寝具の条件といわれています。もちろん、寝心地のよさも大事な要素。素材や肌触りにまでこだわって快適な寝具を選びましょう。

理想的な寝床内気象(布団の中の環境)は温度が33℃、湿度50%程度とされていますが、これは1年を通じて夏も冬も同じ。夏は涼しく冬は暖かく眠るためには、季節に応じた寝具の組み合わせも必要です。

ぐっすり眠れる寝室の条件

◎ 敷布団

柔らかすぎると身体が沈み込んでしまい、寝苦しいうえに、沈み込んだ部分に圧力がかかるため、腰痛や肩こりの原因になります。逆に、硬すぎると毛細血管が圧迫されたり、寝返りがしにくく、睡眠が妨げられることに。
敷布団は、重心のかかる頭・肩・腰などをしっかりと支える適度な堅さが必要です。

◎ 掛け布団

身体に直接触れる掛け布団は汗を吸収しやすく、保温性のあるものを選びます。羊毛や羽毛などの天然素材は軽くて寝返りを妨げないので、おすすめ。

枕

◎ 枕

さまざまな素材や形の枕が出まわっていますが、体型や好みによって自分に適した枕はそれぞれ異なります。

基本的には自分の身体に合う枕がよい枕ともいえますが、理想的な枕の条件は頸椎の自然なカーブが保てる高さと形状であること。肩から首にかけてのカーブに合っていないと、睡眠の妨げになってしまいます。

一般に、枕選びは「高さ」がポイント。
今使用している枕が合っているかどうか、頭をのせたときの肩下のすき間や首筋の伸び具合、背骨から頭にかけてのラインに無理がないか、一度チェックしてみましょう。

快眠のための工夫いろいろ

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ