眠れない ~タイプと要因~

ストレスで不眠症になる?

ストレスチェック

ストレスの時代といわれる現代、日常生活の中にはさまざまなストレスが存在しています。
たとえば、転職、転勤、結婚、離婚、病気、近親者の死なども大きなストレスの要因。職場や学校などで、自分では気付かないうちにストレスにさらされていることも少なくありません。

ストレスが続くと不眠症になりやすいといわれますが、それはどういう理由からでしょう。確かに、ストレスが続くと心理的な緊張不安から眠れなくなることがありますが、これはあくまでも一過性の不眠です。
それよりも、一時的な不眠がきっかけで、不眠恐怖症となり、眠ろうと意識すればするほど眠れなくなるという精神生理性不眠を引き起こしてしまうことの方が問題。
ストレスで脆くなっている精神状態は深刻な不眠に陥りやすいのです。

睡眠には約90分という睡眠サイクルがありますが、ストレスはこの周期を短くして睡眠リズムを狂わせてしまうともいわれています。
最近、なんだか眠れなくなったという人は、まずは身の回りのストレスチェックをしてみましょう。眠れなくなった頃に何か生活上の変化はなかったか。仕事の悩みや人生の悩み、家庭問題などがないかを考え、それらの原因をとり除くようにします。

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ