【眠りの図書館】眠りのための基礎知識

少し心配ないびき

いびきは、寝ているときに舌や喉の奥の筋肉がゆるみ、気道が狭くなるために口の中の軟部組織が振動して起こる音です。年をとればとるほどいびきは多くなり、60代では男性の60%、女性の45%は一晩に1回はいびきをかくといわれています。
アルコールを飲みすぎたときや身体が疲れきっているとき、扁桃腺炎やアデノイド、鼻炎などの病気がある人もいびきをかきやすくなります。

夜のはげしいいびきが原因となり、昼間に耐えられないほどの眠気におそわれる人は、「睡眠時無呼吸症候群」(いびき対策 参照)という睡眠障害が隠れている可能性があり、要注意です。

いびきをかきやすい人

いびき対策

  • ●あおむけではなく横向きに寝よう!
    (あおむけで寝ると、舌などが重力で下向きに落ち込み気道が狭くなる)
  • ●枕を高めにしてみよう!
    (気道が確保されやすい)
  • ●生活習慣を見直そう!
    (肥満の人はダイエットを、アルコールのとりすぎにも注意)

安全ないびき、危険ないびき

安全ないびき、危険ないびき

軽いいびきは騒音程度で、特に健康上の心配はいりません。ただし、いびきをかく人の中には、睡眠中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」という病気が隠れていることがあります。
これは、睡眠中に一時的に10秒以上続く無呼吸が1晩に30回以上も起きるという睡眠障害。大きないびきのあと、突然いびきが止まって無呼吸となり、その後、空気が抜けるような「ヒュー」という音や、「ググッ、ガガッ」という大きないびきをかくような場合は、この病気が疑われます。無呼吸時の酸欠状態は、高血圧や動脈硬化などを引き起こしやすく、脳梗塞や心不全など生命にかかわる危険もあり注意が必要です。

「たかが、いびき」とあなどるなかれ。いびきの気になる人は、自分がどんないびきをかいているのか、一度、睡眠中の状態を家族に観察してもらいましょう。

Point!
病的ないびき・・・いびきの合間に静かになり、無呼吸が生じる。
普通のいびき・・・規則的ないびきで、無呼吸はみられない。

眠りのための基礎知識

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ