【眠りの図書館】眠りのための基礎知識

金縛りの正体は?

何か恐ろしいものが追いかけてきたり身体の上にのしかかってくるのに、逃げようとしても身体がまったく動かない。これが俗にいう「金縛り」現象です。ときに幻視や幻聴などを伴うことから、心霊現象の一つとして語られることも多いようですが、専門的にはレム睡眠の特殊な場合に起こる睡眠麻痺とよばれる生理的な現象です。

金縛りの正体は?

レム睡眠は浅い眠りで、ほとんどの人は夢をみています。つまり、脳は起きている状態に近いのに、筋肉はゆるんでぐったりしているという身体の眠りです。このレム睡眠のときに急に目が覚めると、体の力が抜けきっているため、すぐには動けず金縛りといった状態になるのです。
ただ、この状態は数秒あるいは数分続くだけで徐々に、または突然に回復します。あるいは人が声をかけたり、軽く身体に触れるだけでも落ちついた気持ちになり中断されます。

金縛りは若い人に多く、不規則な睡眠習慣や睡眠不足、心身のストレスが溜まっているようなときに起こりやすいといわれています。睡眠障害になるなど頻繁に金縛りを起こすような人は、睡眠時間をきちんととり、規則的な生活を心がけることが大切です。

眠りのための基礎知識

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ