【眠りの図書館】睡眠薬について

睡眠薬の正しい使用のために

睡眠薬の正しい使用のために

睡眠薬は正しく使えば安全です。

睡眠薬は「癖になる」「重大な害がある」「飲み続けると認知症になる」ということはありません。医師の指示を守って正しく服用しましょう。

睡眠薬を処方されたら

  1. お酒と一緒に睡眠薬を服用すると、アルコールとお薬の両方の効果が強まりますので、絶対に避けてください。
  2. 自然な睡眠のリズムに沿って、適切な時刻に服用してください。
  3. 空腹時はお薬の吸収が悪くなるので、夕飯は普通に食べてください。他の病気で別のお薬を飲んでいる時は、必ず主治医に伝えてください。
  4. 医師と相談し、睡眠薬服用後は早く床に入ってください。お薬は服用後15~60分で効果が出始めます。
  5. たくさんの種類の中からあなたにあった睡眠薬を見つけるため、効果が無かったり、副作用があったときにはすぐに主治医に申し出てください。
  6. 自分の判断で睡眠薬を調節すると効果が得られないことがありますので、医師の指示を守りましょう。また、法律によって禁止されていますので、睡眠薬は他人にあげたりしないでください。

睡眠薬をやめるとき

現在使われている睡眠薬は正しく使えば、長期間飲み続けても安全です。なるべく早くやめようと無理をするのではなく、主治医と相談し、眠れる自信がついてから、少しずつ減らしていくことが大切です。

睡眠薬について

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ