【眠りの図書館】ビジネスマンの睡眠障害

医師の指導と、睡眠薬の正しい使い方

働く世代が不眠に陥る主な背景は、仕事に起因するストレス、家庭環境に起因するストレス、不適切な生活習慣などです。 これらの要因は、仕事を続ける限り、完全に取り除くことは困難です。そこで、日常生活や勤務に支障をきたすような不眠の状態が続くのなら、早めに医師に相談することが賢明です。

医師による指導

医師は患者さんの不眠の状態に応じて、生活改善の提言や治療薬の選択をしてくれます。 医師の指導にしたがって服用すれば、現在使用されている睡眠薬はいずれも安全性が高く、これを状況に応じて上手に利用することが、不眠を改善するのに有用です。

医師による指導

睡眠薬の正しい使い方

医師は症状に応じて、最適な睡眠薬を選択します。
  1. 寝つきが悪い(入眠障害)、夜中にたびたび目覚める(中途覚醒)、目覚まし時計よりも2時間ほども早く目が覚め、以後眠れない(早朝覚醒)、朝目覚めたときに熟眠感が得られない(熟眠障害)などさまざまな睡眠障害の症状に応じて、最適な睡眠薬が選択されます。
  2. 睡眠薬はそれぞれ服用してから効果が現れるまでの時間、効果の持続する長さが異なり、これを症状に合わせて選択あるいは組み合わせて使用します。
    睡眠薬の服用に際しては、医師から十分な説明を受けてください。
  3. あなたのために医師が選択した睡眠薬は、あなたのためだけの選択です。他人はもちろん親や兄弟でも、睡眠薬をあげたり、もらったりしてはいけません。
上手な睡眠薬の活用方法
  1. 睡眠薬を服用したら、眠気の有無にかかわらず、すみやかに(少なくとも30分以内)床に入ってください。
  2. 少量から開始し、効果をみながら徐々に適切な量に移行させるのが上手な睡眠薬の服用開始法。眠れないからといって、自分勝手に量を増やしてはいけません。
  3. 現在使用されている睡眠薬は、適切に使えば習慣性はほとんどありません。睡眠を妨げていた要因がなくなり、気が付けば睡眠薬を飲むことを忘れて熟眠していた・・・という状態になれば、自然な睡眠薬の止めどきです。
  4. 睡眠薬の服用を急に中止すると、副作用が現れることがあります。医師の指導のもとで、徐々に量を減らしていって中止しましょう。
睡眠薬の主な副作用

現在広く用いられているベンゾジアゼピン系および非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用は次のようなものです。

寝起きの悪さや日中のぼんやり感 睡眠薬の効果が起床時や起床後まで持ち越されることにより起こる
ふらつきや脱力感 睡眠薬の持つ筋弛緩作用により起こる
頭重感や倦怠感 睡眠薬の効果が起床後まで持ち越されることにより起こる

また、睡眠薬をアルコールと一緒に服用すると副作用が現れやすくなるので、決してアルコールと一緒に服用しないことが大切です。

睡眠薬の主な副作用

ビジネスマンの睡眠障害

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ